皐月賞
クラシックなので予想は「この馬だ!」というふうに1頭軸で攻めたいものだ。桜花賞ではクルミナルとほぼ心中したが、皐月賞ではリアルスティールを抜擢。中山の空模様もこのままもちそうな気配だ。馬券を買ううえで個人的に絶対に頭にたたきこんでおきたいことがある。それは「このこと」とは→人気ブログランキングへ(ランキング内の「3着すべりこみ競馬」のタイトルすぐ下に記載)。

◎5リアルスティール
大型のディープだけど、器用さも兼ね備えている。スプリングSの中山1800の走りをみても、東京だけでなく中山でも十分力を発揮できそうだ。キタサンブラックに向いた流れを2着に負けたのはまったく悲観する内容ではなく、脚をたっぷり余しての2着は誰がみても皐月賞でハマりそうな絵だった。本番までのレースのなかで、いちばんハイレベルだった共同通信杯も強い勝ち方。ここでは2倍台の1番人気かと思っていたが、幸い割れている。この人気なら本命◎でOKだ。トリッキーな中山のクラシックで福永騎手が勝てるワケがないという意見も聞こえてきたが、僕は3連単の頭まで買う。今年こそ福永騎手の悲願となるかもしれないよ(๑❛ᴗ❛๑)

○9ミュゼエイリアン
週中から書いてきたように毎日杯組がすっかりナメられているが、侮れない。共同通信杯4着も上々の内容。前走阪神1800の最後の直線をみても、切れないが底力を秘めている。スクリーンヒーロー産駒で中山も合うイメージ。成長は先かもしれないが、ステップレース1着なのに人気落ちのここは一発怖い。「皐月賞馬ミュゼエイリアン」という語呂が響き渡る可能性もある。

▲11ダノンリバティ
この馬も毎日杯組の2着馬。キンカメ産駒でこの舞台実は合う。パワー秘めていて最後にぐっと伸びてくるので後半かかればチャンスは十分。毎日杯はいちばん強い競馬で中山の道中の運び、展開ひとつで浮上してきそうだ。大舞台に強い鞍上&人気薄で軽視できない一頭。

☆8サトノクラウン
キタサンブラックと同じく、3連勝の無敗馬。ここと同じ舞台で弥生賞勝ったもののメンバー低調で少頭数。東スポ2歳Sも共同通信杯ほどの評価はできず、リアルスティールに比べれば裏づけは全然足りてない印象。だが、柔らかいストライドは馬群を苦にしないので末脚の安定ぶりから好走率は高そうだ。

△7キタサンブラック
狙いどころはスプリングSだったと思っている。サブちゃんがわざわざ200万円の登録料支払ってまでタイトルを獲りにきているが、ギャンブルの流れはずいぶん悪い。ここは半信半疑。馬券には入れておきたいが。

△12ベルラップ(大穴)
△2ドゥラメンテ
△10ベルーフ

押さえのみ 1ブライトンブレム
押さえのみ 15ダノンプラチナ


馬券
複勝 5リアルスティール
馬連&ワイド 5-8、5-9、5-11、5-7
3連複 5軸~2,7,8,9,10,11,12(21点)
3連単 5→7,8,9,11→7,8,9,11(12点)
3連単 7,8,9,11→5→7,8,9,11(12点)

ワイド 5-1、5-15(2点)

以上

競馬をやっているとやっぱりクラシックが面白いし、本当に競馬が好きならそこに大きな魅力を感じるのが自然なことだと思う。みなさんもここ当たるといいですね!笑顔の皐月賞になりますように!