3着すべりこみ競馬、筆者完全復帰!Amat victoria curam.→本命馬の記録

カテゴリ:
【キーンランドC】厳選本命馬
 
札幌芝1,200
7ダノンスマッシュ
北村友



初の1200で見せた父譲りのスプリンター適性抜群の脚

7月21日、待望の1200を使ってきた函館日刊S杯。人気落ち着く絶好の狙い馬でおいしい思いをさせてもらた馬。マイルで善戦していたとはいえ適性外の舞台が続いた。待望の1200㍍では走ってみればやはり力が全く違った。好スタートからの立ち回りもスマートで4角から最後の手ごたえはまさにアッサリ。スピードと行きっぷりは目を見張るものがあり、まだまだ上を目指せる器。心配はオッズだが、前夜のまま割れて拮抗のままいくはず。ならば買いの一手だ。






カテゴリ:
【新潟2歳S】厳選本命馬
 
新潟芝1,600
11ジョディー
池添



新馬戦の相手関係を考えても上位、展開的にもすっと逃げれそう

フットワークが安定しており天気が崩れても力持て余すことなく逃げてくれるはず。ハープスターのような差し馬はいるわけもなく、2歳夏らしく折り合い重視で引き締まった流れにならないならまず差し馬から入るのは危険とみるべきだろう。






カテゴリ:
【北九州記念】厳選本命馬
 
小倉芝1,200
11ダイメイプリンセス
秋山



直千連勝でアイビスも破格の内容
!1200戻りで人気落ち着くなら買い!
札幌と違ってこちらは快晴。当馬はもともと1,200を走らせても問題なく好位追走してキッチリ末脚繰り出せるタイプ。小倉1,200は好内容の勝ち鞍あり、舞台替わりで力が翳るということは今の充実期の状態面からして、むしろなしとみるべきだろう。他の人気馬の薄っぺらい買い要素に比べると、確かな買い要素あり。1番人気で圧勝した馬の次走(今回)が人気落ち、しかも勝ち鞍ある舞台なのに、相手も弱いのに、、、、、ということでギャンブル的には嫌ってはならない馬とみるべきだ。






カテゴリ:
【札幌記念】厳選本命馬
 
札幌芝2,000
8ネオリアリズム
Jモレイラ



ネオリアリズムという馬は、一流馬ではなく、超一流馬
!状態面、舞台適性、馬場、すべて確かな手ごたえにてクリア。荒ぶる難気性を操縦すれば結果はついてくる!
2016年の札幌記念でモーリス相手にぶっちぎった内容はやはり破格。モレイラ騎手が乗るということで、当馬の能力が発揮されるとみます。持てる力さえ発揮できれば間違いなく馬券になるはず。内にマルターズアポジーとマイスタイルがおり、外から邪魔される心配も薄く、番手追走から流れて走りやすい枠並びメンツ。調教内容は文句なし。ギャンブル的にも人気は譲る構図で、今回は買いの要素が見え隠れ。人気のミッキースワロー、マカヒキ、サングレーザー、この3頭いずれも危険な香りが漂うなか、あとはネオリアリズムのオッズ落ちを待つのみだ。 





カテゴリ:
【エルムS】厳選本命馬
 
札幌芝1,800
1リッカルド
Cルメール



騎手替わり、蓋をされていた能力放出

先行したい馬がそろったレース、外からハイペースの波が打ち寄せるなか、インで溜めれられるのはこの馬にはいかにも向きそう。ルメール騎手だけに上手く乗ってくれるはず。






カテゴリ:
【関屋記念】厳選本命馬
 
新潟芝1,600
5ショウナンアンセム
田辺



1,400mパラダイスS、1,600m多摩川S、いずれも余力アリの完勝

ジャングルポケット産駒らしくここにきて充実期。抜群のスタートセンスから息長い末脚を温存できる道中の折り合いはバッチリ。牝馬プリモシーンが1番人気に押し出される低調気味な図式。ここは2走の内容なら普通に3圏内期待していいはず。

カテゴリ:
【小倉記念】厳選本命馬
 
小倉芝2,000
2レイホーロマンス
北村



トリオンフが先行勢を潰しにいく展開、その後ろから絶好の差し脚台頭

これまで何度も穴本命◎を打ってきたが、今回も十分に予想として本命を打つに面白い様相。牝馬ということと実績からみるに51㌔は相手関係をみても妥当かもしれないが、当馬にとってはまさしく前進ハンデとなるのは自明の理。さらに小倉2,000は当馬の脚質から展開利受けやすい舞台でもあり、今回はトリオンフが自分から動いてマクりにいくレースになる。ならばその後ろから差し脚有利な展開がおのずと透けて見える。人気なく能力関係も劣るものの、調整内容光るものがあり、ここはチャンスは大。特注穴馬として本命◎抜擢したい。






このページのトップヘ

見出し画像
×