3着すべりこみ競馬

Amat victoria curam.

「強い馬」ではなく「3着以内にくる馬◎」を探します。予想は映像回顧がキホン。つぶさに映像をみていると、穴馬がちらほら見つかります。激走と凡走には暗示がありタイミングがあります。馬場・展開・ラップ・脚質・血統・コース・枠・データ・厩舎や馬主の思惑、それらを分析したその果てに、ギャンブルの風を読むセンスが問われます。競馬では「儲けようとしない」「当てようとしない」姿勢があえて必要です。この逆説を理解したとき、そこからが本当の勝負です。馬に愛と敬意を。Amat victoria curam.

とりあえず書きました。また更新しますが、、、

だいたい以下のうちのどれか、で買っていることが多いかな。

10点に絞るなら・・・

Aパターン
◎・・・心中するつもりの馬
〇・・・3着以内率がいちばん高い馬
▲・・・◎が連れてきそうな馬 
☆・・・3着以内にきそうな馬
△・・・3着以内にきそうな馬
×・・・伏兵1
×・・・伏兵2
×・・・伏兵3

ざっと書いてますが、ま、半分テキトーです

3連複
◎~〇▲☆△~
〇▲☆△(6点)
〇~▲~☆(タテ目1点)
◎~〇~××× (3点)
10点でよく練られた買い方です。普通に当たりますよ。



Bパターン
◎・・・3着以内率がいちばん高い馬
相手10頭


馬連
◎~10頭
(10点)
けっこう当たります。◎1番人気でも相手ズレればプラス必至。2016年のファンタジーSなんか単勝1.3倍のミスエルテから流しても馬連10,240円ついた。



Cパターン
◎・・・心中するつもりの馬
〇・・・3着以内率がいちばん高い馬
▲・・・◎が連れてきそうな馬 
☆・・・3着以内にきそうな馬
△・・・3着以内にきそうな馬
×・・・伏兵1
×・・・伏兵2
■・・・大穴

ざっと書いてますが、ま、半分テキトーです

3連複
◎~〇▲~〇▲☆△××(9点)

ワイド
◎~■(1点)
こないだの天皇賞秋などはこれで獲った=3連複7,430円。他にもけっこう実績有り。最近はこれが多いかも。




Dパターン
◎・・・本命馬
〇・・・3着以内率がいちばん高い馬
3列目・・・10頭

3連複
◎~〇~10頭(10点)

ワイド◎~〇を買うくらいなら僕はこれを買いたいかな。







これだけ書いておいて、これらと全然違う買い方をしていることもありますよ。

ま、とりあえず。

また玉ふやして更新します!続きを読む

IMG_4740

3年目の重賞予想ブログ
2015年の1月になにげなく始めました。プレッシャーもなにもなかったこともあり、結果がたくさん出て好評をいただきました。当初は今まで継続できるなんて思いもしませんでした。個人で楽しくやっているだけですが、読んでくださる方がいるというのは、一緒に競馬を楽しむ仲間のようにも思えて本当にありがたいです。

すべての重賞◎本命馬を公開

JRA重賞以外は基本やりません。地方競馬も基本買いません。海外競馬は好きなので手を出すことがあります。重賞でも見送るレースもたまにあります。

大衆心理に流されてはいけない
オッズは大衆心理のあらわれ。観察することは非常に大切です。1番人気ばかりを安心して買っていると、長い目でみると必ず負けます。


年間プラス収支のために大切なこと
こちらを参考にご覧ください→年間プラス収支のために大切なこと。投資額を堅守することも年間プラス収支を達成するうえで大切です。
 

読者のみなさまへ
ご来訪、感謝いたします。ハズレる予想のときも含め、いつも偉そうなことを書いていますが、適当なたわごとだと思ってどうかご容赦くださればと思います。とにかく純粋に競馬を楽しめたらいいなと思っております。競馬は真摯にやれば、ほんとうに上品な娯楽です。みなさまのご幸運をお祈りいたします。


※掲載広告や容量などの都合上、過去記事を削除しているものが多数ございます。どうぞあしからず。 


by 3着すべりこみ競馬 from2015年1月20日(火)大寒



人気ブログランキング参加中。毎週毎週、秀逸予想が必ずどこかにあります
(画像から人気ブログランキングへ 「3着すべりこみ競馬」のタイトルすぐ下に記載)
 
 

競馬ってただでさえ楽しいですが、やっぱり年間プラス収支だとその何倍も楽しくなりますよね。みなさんは、2年、3年と長い目で見て、現実に勝てていますか???

目をつむって胸に手を当てて、自分に問いかけてみてください。

いかかでしょうか。競馬で年間プラス収支を実現できている人は、たぶん全体の15%~5%くらいじゃないかな。なので、その中に入ればそれなりに達観できる訳です。

競馬は人気馬と人気馬の組み合わせで馬券を買っていたら、長い目でみると、絶対に負けます。2015年のダービーでいえば、リアルスティールとドゥラメンテの組み合わせで大勝負!なんてことをしていたら、その人の先行きは見えています。競馬は当たらない、ということが当たり前に起こるので、配当の低い馬券を当ててもそれは特効薬には全然ならないのです。本命戦は遊び心でサクッと買えばいいのです。

では、勝つには何が大事か。それは回収率です。たとえば年間50戦やるとして、3勝47敗でもプラスになる馬券を、やはり狙っていくべきなのです。すると、3度当てれば、あと47回負けてもいいわけです。3勝47敗は極端だとしても、おそらくですが、長い目でみて競馬で勝てている人というのは、ほとんど漏れなくこのパターンだと思います。

彼らは、まず1番人気が飛びそうで、狙いの穴馬に自信があるような、そんな波乱期待値の高いレースを見つけてワクワクしているのです。もちろん、配当が高くなくても当てたほうが楽しい。でも、そういう馬券に大金を賭けるような、「天国か地獄か」みたいな勝負はしたくない。そんなのは破滅するのがオチです。

もともと、僕は競馬で儲けようとは思っていません。けど、小遣いは増やしたい( ´▽`)→ま、実際には、そうやって「儲けよう」と思っているのです☝( ◠‿◠ )☝が、基本的には、力を抜いて波乱期待で馬券を買っています。基本的には「荒れろ!」と思っているので、そういうレースを探すわけです。長い目で勝つために大事なレース、というのがやっぱり確実にあるのです。
 
とにかく、勝っている人というのは、みんなそうだと思いますよ。そういうレースでひそかに狙っているはずです。せっかく波乱と見込んでいるなら、馬券も「えっ!?」と思うようなものを買っていっていいと思います。波乱レースを射止めたらホントにデカイですからね。年間プラス収支をめざすうえで、本当の特効薬というのは、やはりそのような穴予想から抽出されるのです。

↑このページのトップヘ