カテゴリ:
2019クラシック有力候補馬】
 
特別公開





気が早いといえど、全然早くない
!2019クラシック活躍必至の牡馬&牝馬の厳選1頭!

・牡馬戦線間違いなし!絶対にクラシックで活躍するこの馬!

・桜花賞最有力候補。次戦の札幌線も好走必至!

今回は、2019クラシックを見据えて、2歳戦のなかから、破格の内容でデビュー戦を飾り、その圧倒的な内容に将来性を感じた馬がいましたので、ここでこっそり公開します。いまのうちから注目しておくことで、クラシック戦線の楽しみが増幅されること間違いなし。もし、知りたい方がいましたらどうぞご覧ください。牡馬、牝馬、1頭ずつ自信もって詳述しています→noteにて公開(360円)






カテゴリ:
【小倉記念】厳選本命馬
 
小倉芝2,000
2レイホーロマンス
北村



トリオンフが先行勢を潰しにいく展開、その後ろから絶好の差し脚台頭

これまで何度も穴本命◎を打ってきたが、今回も十分に予想として本命を打つに面白い様相。牝馬ということと実績からみるに51㌔は相手関係をみても妥当かもしれないが、当馬にとってはまさしく前進ハンデとなるのは自明の理。さらに小倉2,000は当馬の脚質から展開利受けやすい舞台でもあり、今回はトリオンフが自分から動いてマクりにいくレースになる。ならばその後ろから差し脚有利な展開がおのずと透けて見える。人気なく能力関係も劣るものの、調整内容光るものがあり、ここはチャンスは大。特注穴馬として本命◎抜擢したい。






カテゴリ:
【レパードS】厳選本命馬
 
新潟ダ1,800
14グレートタイム
Cルメール



穴馬抜擢も考えたがいずれも不安要素大
!安定株からの流しで勝負!
昨年は◎ローズプリンスダム(11番人気)、穴抜擢サスサディオーネ(12番人気)が絡んでの80万馬券の推奨に成功。だが、今年は昨年のような大波乱は考えにくい。とはいうものの、いずれの穴馬も台頭は十分考えられるとはいえ自信をもって推奨するに至らず。1番人気でも好走必至の◎グレートタイムからの流しで楽しむ。新潟1,800は立ち回り問われる部分が多分にあり、当馬にとってベスト舞台とはいえないが、Cルメール騎手は3度目の騎乗とあってさすがに差し損ねはないはず。3着圏内はキッチリ確保してくるだろう。








カテゴリ:
【クイーンS】厳選本命馬
 
札幌芝1,800
4ツヅミモン
吉田隼



前から粋な脚で残れるはず

シンザン記念や桜花賞をみるに、ここでは秘める能力上位では。牝馬戦とあって調教内容も光る。インから前でロスなく立ち回れるここはチャンス大。






このページのトップヘ

見出し画像
×